山形のソウルフード「どんどん焼き」調理体験

家庭のホットプレートで簡単にできる「どんどん焼き」作りを体験しました!割り箸に巻きつけたスタイルが特徴的な、山形を代表する味の一つどんどん焼き。大正時代に東京のもんじゃ焼きを屋台などでも食べやすいように生地を硬くして販売したのが始まりで、客寄せのため太鼓をドンドン鳴らしながら売り歩いたのが名前の由来といわれています。昭和に入って山形市に広まったどんどん焼きは、持ちやすく、食べやすいように試行錯誤を重ね、2本の箸に巻き付けて販売する全国的にも珍しい原罪のスタイルに進化しました。最近では、お祭り屋台の他にも、常に食べられる店舗もあり、定番のソース味のほか、現代風に工夫されたさまざまな味が楽しめます。

どんどん焼きコミュニケーションカフェ「Don Cafe ドンカフェ」

山形市立商業高等学校 産業調査部(愛称=産調ガールズ)