2014.12.04

産業歴史資料館 鋳物を体感しよう!

こんにちは、タカラの山ガタスタッフです。

山形市産業歴史資料館の自主事業「鋳物を体感しよう!」に参加しましたhappy01

 

前回紹介したお茶会に続いて、こちらも年に1回開催されるイベントです。

山形市のお宝であり、国指定の伝統的工芸品である「山形鋳物」について五感を通して知ることをコンセプトに開催されています。

はじめに、産業歴史資料館の館内説明。山形鋳物をはじめとする工芸品や、昔の製作道具を見ることが出来ました。



続いて、資料館の近くにある鋳物工場の見学cute

最初は長文堂さん。



↓こちらは溶かした鉄を流し込む砂型ですflair



↓右側に見えるのが、鉄を溶かす機械。はじめて見ましたsign03



↓工場内のショールームです。鉄瓶で沸かしたお湯でお茶japaneseteaを淹れるとおいし~いんですよね(*^_^*)

とっても素敵ですshine



お次は(株)菊池保寿堂さん。

こちらでは、ちょうど作業中で、ふだんは見ることの出来ない製作現場を体験できましたconfident

 

 



↓溶かした鉄を流し込む「注湯」ですsign03



↓カッコいい!!!



↓こちら、菊地保寿堂さんの製品です。オシャレshine



次は鉄製のベーゴマでコマ回しです(^o^) ベーゴマも鋳物なんですよ~

あっ、ベニちゃんもコマ回しにチャレンジするのかなsign02



あれっ。良いにおいがしてきました(●^o^●)

山形人なら一年中食べている、あのお宝のにおいです。

そう、山形いも煮heart02



今回は、大きな鉄鍋で煮ました。この鉄鍋も山形鋳物なんですよsign03

ベニちゃんも早く食べたいって言ってますdeliciousrestaurant



最後はゆっくりと美味しいいも煮を食べて、満腹になって家に帰りました。

五感を通して、いろんな面から鋳物を知って楽しめましたwink

このイベントは来年も開催予定なので、今回参加できなかった方は来年ぜひ参加してくださいね

 

☆☆☆伝統工芸品の展示会のご案内☆☆☆

「平成26年度(第41回)山形市伝統的工芸産業技術功労者褒賞 受賞者作品展示会」

山形市では、伝統工芸産業におけるすぐれた技術者を称える褒賞制度があります。

 

 ↓褒賞の詳細はこちら

http://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/shiseijoho/sub2/kakuka/shoko/shoko/annai/gijutsukourousha.html

 

今年度の褒賞受賞者の作品展示と、そのほかの様々な伝統工芸品の展示販売を以下の内容で行ないます。

○会期 平成27年1月14日(水)~2月15日(日)

○場所・時間 山形まるごと館 紅の蔵 街なか情報館

 10時00分~18時00分(最終日は15時00分まで)

○お問合せ先 山形市商工課 TEL 023‐641‐1212(内線418)

 

受賞者が製作した優れた品を見て、市内のいろいろな伝統工芸品を買うことが出来ます。

ぜひ、ご来場くださいlovely

 

過去の展示会の様子↓↓




カテゴリー:お宝スタッフ日記

関連タグ:山形鋳物、産業歴史資料館、いも煮、長文堂、菊池保寿堂、ベニちゃん 

お宝大使「ベニちゃん」のお部屋

カテゴリー

はながたベニちゃんのツイッター