2013.11.26

「鋳物を体感しよう!」

こんにちは。伝統工芸大好き!でおなじみスタッフ4号ですhappy01

11月16日(土)に山形市産業歴史資料館で開催されたイベント

「鋳物を体感しよう!」に行ってきました。

『五感を通して産業を知ろう』をコンセプトに、鋳物を知る企画となっております。

 

 

1.まずは「聴く」sign01

山形市産業歴史資料館の展示物の説明を聴いて、鋳物への理解を深めます!

山形市産業歴史資料館は、伝統工芸産業を中心に山形市産業を広く知ってもらうために、

山形鋳物をはじめとした山形市の伝統工芸品を展示している施設です。

 



 

1階には製品が展示されているほか、映像システムも設置されています。



 

 

2階には、鋳物に関する古文書や昔の道具も展示されています。

こちらは火が強くなるように空気を送る道具dash

足で動かすそうです!



 

 

2.次は「視る」「嗅ぐ」sign01

資料館を説明してもらったあとは、工場見学。

一つ目は工芸鋳物をつくっている長文堂さん。

 


まずは、若手後継者の方に鉄瓶ができるまでをボードを使って説明してもらいました。

聞き入る皆さん。


ここが実際の作業現場。ほんのりと鉄のにおいがします。

真ん中の筒状のものが鉄を溶かす機械。

鋳物の原料になる鉄くずをこの機械に入れて熱して溶かすんです。


これが機械に入れる鉄。

持たせてもらったのですがすごく重いsweat01

これを何回も何回も機械に入れるそうです。

「筋トレしてるようなものですよ。」

と職人さん。


左上の「取鍋(とりべ)」という器具で溶かした鉄を型に流し込みます。


溶かした鉄が機械から出てくる場所には砂がたくさん撒かれています。

こうすると、鉄が地面に落ちたときに飛び散らないんだってflair


 

二つ目の工場はアルミ鋳物を作っている山形シェルさん。



複雑な機械で型をつくっているところ。


子供たちもじっと見入っていましたeye


出来上がるのはこういう部品です。

かっこいいshine


これはアルミを溶かしたもの。

温度はなんと760℃sign03

近づいただけで汗が噴き出してきましたcoldsweats02

 


 

午前中の体感はこれにて終了smile

午後はどのような体感がまっているのかsign02

つづきます。

 



カテゴリー:お宝スタッフ日記

関連タグ:伝統工芸 

2013.11.01

伝統的工芸品まつり

こんにちは、スタッフ4号です。ブログには2回目の登場です。

突然ですが、山形市の伝統工芸って何があるか知ってますか?

 

10月19日(土)と20日(日)に山形ビッグウイングで開催された「第19回山形市伝統的工芸品まつり」に行ってきました。

今年度だけ特別に、仏壇の特別展・需要開拓展も同時開催されていました。



会場では、山形市で製作されている21業種の伝統工芸が展示販売されていました。

 

例えば、鋳物



どうですか? かっこいいと思いませんか?

山形にはこんなかっこいい鉄瓶があるんです。

 

お次は仏壇



仏壇は製作が7工程に分かれていて、それぞれのエキスパートの職人さんが協力して作ってるんです。

 

こちらは建具



和室にはもちろん、洋室にも合うようなデザインの製品もあります。

こんな建具製品が家にあると、おしゃれですよね。

 

 

 

 

こちらは「山形みらいの匠会」のブース。



伝統工芸の若手後継者が業種を超えて集まってつくったグループで、山形の伝統工芸産業の未来を担う方々の製品を見ることができました。

製品の使い方をいろいろ教えてもらって、かっこいい剪定鋏を買いました。

 

 

会場にははながたベニちゃんの姿が。



お宝広報大使として、伝統工芸をPRしていました。

 

 

仏壇コーナーでは、金箔押し体験もできました。



薄い金箔をしわにならないように貼るのがすごく難しいんです。

 

こちらが完成品。



小さい子からお年寄りの方まで、とても楽しそうに体験されていました。

伝統工芸の制作行程を体験することで、伝統工芸の魅力をより一層感じてもらえれば、と思います。

 

 

 

伝統工芸はどの製品も職人さんがひとつひとつ手仕事で丹念に作り上げたものです。

伝統工芸の魅力の一つは、使いやすさや長持ちしやすさです。

でもそれだけではなくて、職人さんたちの味のある人柄も、伝統工芸の魅力のひとつなんじゃないかなあ、と思います。

製品を実際にその手で作っている職人さんと話しながら、製品の使い方や手入れの仕方を教えてもらえるのは、伝統工芸だけが持っている魅力です。

そうした中で得られる、職人さんが製品にこめた「ぬくもり」を皆さんにもぜひ感じてほしいと、心から思ってます。

伝統工芸の展示販売の機会はこれからもあるので、ぜひすぐれた伝統工芸品や魅力的な職人さんにふれてほしいです。

 

実演中のこけしの職人さんです。



 

 

お知らせ&予告

 

11月16日(土)に「鋳物を体感しよう!」が山形市産業歴史資料館で開催されます。

申込み期間を11月8日(金)までに延長しておりますので、みなさんぜひこの機会に山形鋳物の魅力を体感してください!

お申込みは、山形鋳物工業団地協同組合023?643?6031までお願いします。

 



 

 

次回の伝統工芸関連の記事は、この「鋳物を体験しよう!」の様子をアップする予定です。

お楽しみに!



カテゴリー:お宝スタッフ日記

関連タグ:伝統工芸 

2013.10.31

山形いも煮、巣鴨さ行ぐ

 

直径2mの大鍋を持って、「山形いも煮」が東京都豊島区巣鴨におじゃまします!!

里芋・山形牛・こんにゃく・醤油・そして水まで山形にこだわった“オール山形”体制のいも煮を1杯300円で味わえます! 

販売は11/10(日)11時から、先着1000名(売り切れ御免) 

いも煮を食べたことのない方も首都圏にお住まいのいも煮ファンの方も、この機会にぜひご来場ください。

詳しくは ↓ ↓ ↓


 

会場内では、いも煮会をこよなく愛し、いも煮会の普及活動を行う「全日本芋煮会同好会」メンバーによるいも煮PRやいも煮レシピの紹介、東京での芋煮会イベントのPRも行われます。

 



 

また、アンケートにお答えいただいた方先着200名に、これまた山形名物「玉こんにゃく」をプレゼント。「玉こんにゃく」のことは →こちら

 

みなさん、美味しい芋煮を作ってお待ちしています。

ぜひ、来てけらっしゃい!


 

主 催 山形市商工観光部山形まるごと推進課/山形商工会議所青年部yyプロジェクト

コラボ 全日本芋煮会同好会

協 力 巣鴨地蔵通り商店街振興組合

後 援 豊島区/豊島区商店街連合会

 



カテゴリー:お宝スタッフ日記

関連タグ:いも煮イベント 

2013.10.25

山形市へようこそ!「山形いも煮体験ツアー」

10月19日・20日に、「山形いも煮体験ツアー」が開催されました。

 こちらのツアーには首都圏を中心とした女性24名が参加。

山形市のお宝の魅力を存分に体験し、感じた想いを皆様の手で情報発信してもらおうと企画されたこのツアー。

 まずは、山形を好きになってもらう→ツイッター、フェイスブック、ブログなどで山形の良さを情報発信してもらおうという企画です。

 

山形市にはたくさんのお宝がありますが…今回のツアーで最初に体験してもらったのは、山形の秋の風物詩「いも煮」。

この日も、馬見ヶ崎川の河川敷はいも煮会を楽しむ多くの人で賑わっていました。

 

バスが到着。



 

 

ヒモを使って、「6メートルの大鍋」の大きさを実感していただきました。

24名の女性が余裕で入ります。




 

 

そしていよいよ、山形スタイルのいも煮会を体験!

高瀬元気会のおばあちゃんにもご協力をいただき、山形いも煮調理方法の伝授。

コンニャクをちぎり、ネギを切り・・・

鍋を囲んで、「暖かいね」「煙がすごい」と談笑し、すっかり仲良しに。山形弁も大丈夫!



 

 

味付けをして、完成

 

「いなごの佃煮」「菊のおひたし」「玉こんにゃく」「ぶどう」「漬物」「紅花干しの煮物」「新米のおにぎり」

など、たくさんの山形市のお宝と、熱々の「いも煮」が並びます。

 

お待ちかねの、いただきます!



 

初めていも煮を食べた人も、美味しいね!と大満足してくれました。

 

お食事中、

高瀬地区の方々に、紅花のことや、菊・漬物・いなごなどの料理についてお話していただきました。



 

いも煮の締めは、「いも煮カレーうどん」

「いも煮にカレー?絶対美味しい!」と期待の声!

 



期待を裏切らない美味しさで、ご満足いただけたようでした。

 

いも煮の後は、ベニちゃんと一緒に花笠踊り!


 

おみやげとして、山形市高瀬産「紅花」のドライフラワーをプレゼント。

 

<参加者の皆様の声>

     happy01地元のおばあちゃんたちが、いも煮の作り方を教えてくれたのがとても親しみやすくて楽しかった。作り方が分かったので家でも作ってみたい!

     happy01山形の方があたたかく、やさしく楽しかったです。料理がどれもめずらしく美味でみんなで体験しながら作ることが出来て良い思い出になった。

     happy01いも煮会、すごく楽しかったです。バーベキューみたいで楽しめました。天気が良くてよかったです。

 



 

お腹いっぱいになったら、「文翔館」へ移動。

ガイドさんの丁寧なご案内で、説明を聞きながら館内を歩き、山形の歴史・日本の歴史を感じてもらいました。

 

<参加者の皆様の声>

     happy01とても見応えがあった。正面から見るよりも館内は広く規模が大きく驚きました。

     happy01映画に撮影された場所など、たくさん見れて良かったです。歴史ある建物ってすごくいいですね。たくさんお話も聞けて良かったです。

     happy01おじさんのガイドが楽しかった。予定時間ピッタリに終了したのはさすが。


 

 

そして夕食は、香味庵まるはちさんで、「そば」「納豆汁」「漬物」など…

ここでも山形市のお宝三昧!

山形の食べ物の美味しさに、みなさん驚いていました。

お店の雰囲気も情緒たっぷり。

  

 



<参加者の皆様の声>

      happy01地酒が美味しく、お漬物がいっそう美味しく感じました。

      happy01外観、内装ともにセンスを感じた。食事の量もちょうどよく、新関(お酒)は絶品でした。他の参加者の方とも打ち解けることが出来た場でした。 

      happy01山形でしか食べることが出来ない郷土料理と美味しいお酒で楽しめました。やたら漬けの社長、最高でした。

 

 

 

2日目の朝は、百目鬼(どめき)温泉への入浴でスタート!

  

<参加者の皆様の声>

     happy01非常にいい温泉だったので3回入りたかった。

    happy01とても良い泉質で短時間なのに体があたたまりました。

     happy01個人旅行だと分からない地元の温泉にゆったり浸かれてよかったです。

 

 

 

午前中は、平清水七右エ門窯さんで平清水焼の陶芸手びねり体験。

何を作られるか迷われる方も多かったようですが、ひねり始めるといろいろアイデアが浮かんできた様子・・・。

焼き上がりは宅配しますよ!お楽しみに!

  

 



<参加者の皆様の声> 

 happy01貴重な体験が出来てうれしく思います。不器用なので、全然上手に出来ませんでしたが楽しかったです。お店の食器もかわいくて、ひとつ買いました。

 happy01最初にデモンストレーションがあったので分かりやすかった。親切丁寧で楽しかった。焼き上がり楽しみ!

 happy01指導していただいた方が、とても気さくで親切で楽しいひとときでした。また来たいです。

 



 

 

 

シベールファクトリーでラスク工場の見学とお昼休憩。

知名度は高くほとんどの方は知っておられましたが、ラスクの歴史や工場見学では驚きの声もありました。

 

 

<参加者の皆様の声>

 happy01期待通りでした。山形のツアーにかかせないのでは、と感じました。

 happy01工場見学がわくわくでした。案内の方の説明もとても分かりやすかったです。

 happy01ラスクは初めて知ったのですが美味しかったのでお土産も買いました。

 



 

 

午後からは、村木沢で収穫体験!

生産者の方から悪戸いもについて説明していただき、



 

いざ、体験!



 あいにくの雨で畑での体験は無理でしたが、ビニールハウスの中でもぎとりの体験をしました。

収穫したものはすべておみやげに。

いも煮会で覚えたいも煮の作り方を思い出して、ぜひいも煮をつくってくださいね。

 

<参加者の皆様の声>

 happy01お芋のおみやげもたくさんいただきました。試食のお芋、サイコ―だったし、レシピも教えてもらったのでぜひ作ります。

happy01行って初めて知りました。雨は残念でしたが、たくさんの説明が聞けて良かったです。なかなか出来ない体験だと思うので、よかった。

happy01説明も楽しく分かりやすかった。ポキポキ音が良かったです。

happy01今の農業の事情をきいて、胸があつくなりました。もっと若い人が来てどんどん体験できる環境を作って、活性化してもらいたいです。実際、芋模擬も楽しかったので、私もまた参加したいです。

 

 

参加者がTwitterやFacebookに体験の感想をリアルタイムで発信しています。



 

 

 

すべての行程を終え、お別れの時間。

山形駅でのお見送りに、ベニちゃんが来てくれました!

すっかり人気者になったベニちゃん。



 

 

今回のツアーを通して、山形市のお宝を存分に味わって・体験してもらえたようでした。

参加者のみなさん、ありがとうございました。

ぜひまた山形に遊びにきてくださいね!




カテゴリー:お宝スタッフ日記

関連タグ:郷土料理 玉こんにゃく 芋煮 紅花 食用菊 平清水焼 納豆汁 伝統工芸 そば 

2013.10.19

秋はやっぱり河原でいも煮会

 

山形の秋はやっぱり芋煮会。

「今年、芋煮会何回したは?」が山形のあいさつ代わり。

 

秋晴れの河原でみんなで作る・みんなで食べる・みんなで笑う芋煮会は最高です。



 

里芋を茹でて、こんにゃくは手でちぎり、豪快に山形牛を投入。灰汁をとり最後にネギ。

しょう油とお酒と砂糖で味を調えて美味しい芋煮の完成です。

つや姫のおにぎりと地酒にもベストマッチですね。





 

市内スーパーでは、芋煮コーナーが設けられ、予約をすれば地産食材・鍋・かまど・薪など、一式を準備してくれます。

コンビににも薪が並ぶ光景は山形ならではかも。



 

芋煮会は全員が鍋奉行。全員参加が芋煮会の楽しみです。

この日、芋煮会を楽しんだのは、首都圏を中心に集まった24名の女性。

芋煮が初めての方がほとんどのようですが、いつしかみんな鍋奉行に。

それぞれの鍋で味見タイムです。

薄味・濃い味さまざまですが、秋の太陽と川のせせらぎが美味しさを引き立ててくれました。



 

お食事の前後には、キャッチボール・サッカー・水遊びをする人、ひたすら飲み続ける人など思い思いに過ごすのも芋煮会。

この日は、ツアー客と芋煮づくりを教えてくれた「たかせ元気会」のみなさんと花笠踊り。ベニちゃんも飛び入り参加してくれました。

 

山形の秋の味覚は他にもいっぱい。これからもどんどんご紹介していきます。

 





カテゴリー:お宝スタッフ日記

関連タグ:芋煮 

« 前の5件 9101112131415 ...16 次の5件 »

お宝大使「ベニちゃん」のお部屋

カテゴリー

はながたベニちゃんのツイッター